理学療法部門

「理学療法とは身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行わせる。及び電気療法・マッサージ・温熱やその他の物理的手段を加えることをいう。」「理学療法の中には、大きく分けて、運動療法と物理療法がある」と定義されています。(理学療法士及び作業療法士法)  入院早期よりリハビリテーションを開始し、実生活に即したアプローチを行っております。

身体に障害を持った方の運動機能の改善を図り、基本動作(起きる・座る・立つ 等)・移動動作 (歩く・車椅子 等)能力の向上を目標に介入しています。また、腰痛や関節痛・ロコモティブシンドローム等の改善・予防への支援や2次的障害(合併症)の予防にも努めております。

当院を退院される患者様には退院時サポートとして、ご自宅で生活をしやすく環境の調整やご自身で実施していただけるよう自主訓練指導を実施しております。また、当院訪問リハビリテーションスタッフとの連携を図り、退院後のフォローアップにも力を入れ取り組んでいます。

当院の理学療法

「座る」動作は日常場面にて多く見られます。   
食事や着替え、排泄にも関わります。
私たちは座りながら、色々な動作を行います。
動作をしながらも安全に座っていられるよ う訓練を行っています。
また、座っている姿 勢から立つ動作へと移行します。
立つ動作への準備としても座わる動作は大 切です。


当院では、年間を通して、多くの学生を受け  
入れ、次の世代の育成にも力をそそいでいます。
臨床を通じて、実践的指導を実施し ています。  
患者様とのコミュニケーションや機能的アプ ローチ、日常生活への介入を実施しており、
「障害を持った後もその人らしい生活 をご提供する」ことを大切にし学生指導にあた っています。


当院は「地域に根ざした病院」を目標としております。
取り組みの一つとし、地域の施設や地域住民の皆様への実技指導・講演活動を行っております。


教育システム

理学療法科では、外部講師を招き講義や実技指導を実施しています。技術の向上を図ると共に、症例検討や英文抄読、グループ学習を通し知識の保管を行っています。毎年多くの新入職員が入職する中で、新人職員の育成に力を入れ教育体制の構築、専門性の向上・チーム医療の促進に努めています。
道内外の学会発表から地域の講演会等も年間を通して実施しております。

資格取得者

  • 新人教育プログラムの修了者 (20名)
  • 認定理学療法士(2名)
  • 認知運動療法士(1名)
  • がんのリハビリテーション研修会修了者(3名)
  • 福祉用具プランナー (2名)
  • ケアマネジャー (1名)

一覧ページへ

リハビリ伝言板