言語聴覚士

言語聴覚士 平成24年卒 阿部耕大

1、STの仕事をしようと思ったきっかけは?
祖父が脳梗塞を発症し、「失語症」となったことがきっかけでした。言いたいことが上手く伝わらない祖父を見て、コミュニケーションの重要性を感じ、STになろうと決めました。
2、STの仕事をする上で大切にしていることは何ですか?
訓練を行っている患者様だけでなく、そのご家族様とも積極的にコミュニケーションを取ろうと心掛けています。
3、イムス札幌内科リハビリテーション病院の特徴・雰囲気
元気が良く、明るい雰囲気の病院です。
職員同士も仲が良く、笑顔の多い病院だと思います。
4、これからどんなSTになりたいですか?
当院には、病気になったことで、上手く話せなかったり、ご飯を食べられない方が多く入院されています。
その様な患者様に『話せる喜び』『食べる楽しみ』を感じていただけるよう、様々な選択肢を提供できるSTになりたいです。

言語聴覚士 平成25年卒 山下 拓真

1、STの仕事をしようと思ったきっかけは?
弟が言語障害になり、言語聴覚士を知りました。 食べる事、話すことなど、患者様のより身近な部分に関ることができる職業に魅力を感じ言語聴覚士になろうと思いました。
2、STの仕事をする上で大切にしていることは何ですか?
いつでも元気に笑顔を絶やさず患者様も笑顔に出来るように心がけています。
3、イムス札幌内科リハビリテーション病院の特徴・雰囲気
それぞれ個性を持ったスタッフが一丸となり患者様に関っていける病院だと思います。
4、これからどんなSTになりたいですか?
可能性をあきらめず、患者様の希望を叶える事が出来るSTになりたいです。

一覧ページへ

リハビリ伝言板