薬剤部紹介

2017年度 IMSグループ薬剤部目標

1.病院経営への貢献

  • 各病院の特性に合わせた医薬品の適正選択を更なる強化
  • 診療報酬改定に伴う積極的な取り組み
  • 薬剤管理指導料・薬剤総合評価調整加算の積極的な取り組み
  • 院内医薬品の適正な在庫管理

2.薬剤部教育の充実

  • 専門薬剤師・認定薬剤師の育成
  • 薬学教育への貢献(長期実務実習等受け入れ)
  • 新人薬剤師教育及び中堅管理職の育成

3.医療連携への貢献

  • 薬薬連携の構築・推進
  • チーム医療への積極的参画
    情報に基づいた処方せん解析評価、感染制御チーム、緩和ケアチーム
    褥瘡対策チーム、栄養サポートチーム、救急 等

スタッフ構成 (平成29年8月現在)

薬局写真

薬 剤 師:3名(常勤)  助  手:2名


業務体制と状況

  • 専門性を活かした病棟薬剤業務の拡充と実施
  • より医薬品安全を最優先した業務の実施
  • 機能評価により改善された事項の継続と再検討

教育研修

  1. 医局・薬局の合同説明会(毎週火曜日)
  2. 薬局内勉強会(毎月第1・第3火曜日)
  3. 薬剤師会・病院薬剤師会主催研修会(北海道薬学大会、臨床セミナー等)
  4. 各種学会への所属
  5. 各種学会への発表

実 績

・2013.11 第18回札幌病院薬剤師会会員発表
「持参薬鑑別業務における代替薬変更状況の把握と問題点の抽出」
・2014.02 平成25年度札幌病院薬剤師会学術シンポジウム
「転入患者の服薬情報の収集と活用~持参薬の有用性とリスク~」
・2014.05 第61回北海道薬学大会
「持参薬鑑別業務の現状把握と問題点の抽出」
・2014.07 第3回北海道医療安全研究会
「持参薬使用の有用性とリスク」
・2014.09 第24回日本医療薬学会
「持参薬鑑別業務における薬剤と情報の問題点」
・2014.11 第19回札幌病院薬剤師会会員発表会
「持参薬鑑別時における薬剤と情報の乖離」
・2015.11 第20回札幌病院薬剤師会会員発表
「抗菌薬使用状況に関する客観的評価指標の検討
~Defined daily dose(DDD)とdays of therapy(DOT)の比較~」
・2016.07 平成28年度第1回感染制御専門薬剤師セミナー
「ゼロからはじめる中小病院薬剤師の感染制御」
・2017.07 第3回看護師の為の臨床薬理学研究会in北海道(PEACH)
「看護師が知っておきたい抗菌薬の基礎知識~事例を基に~」

今後の課題と展望

  1. 医療安全(医薬品安全管理も含め)、院内感染対策に対する積極的な関わり
  2. 病棟薬剤業務加算で求められる業務への取り組み
  3. 薬剤管理指導業務の拡大及び充実
  4. 専門薬剤師を見据えた薬剤師教育
  5. 抗生剤の適正使用のための情報提供(抗MRSA剤のTDM)
  6. 緩和医療に向けての取り組み
  7. 日病薬生涯研修履修認定薬剤師を目指す
  8. 薬学生の実習受け入れ


 以上のようにIMS薬剤部目標に沿ってより安全な、患者様に安心していただける医療を提供できるようスタッフ一同努力しております。

病院見学のご案内