教育体制について

看護部教育方針

  1. 患者様に安心・安全な医療・看護サービスを実現できる人材を育成する
  2. 専門職として自己研鑽ができ、自律した看護職を育成する
  3. 組織人として役割認識の高い管理職を育成する

看護部の目指す「望ましい看護・介護職」

  1. 1.態度
    (1)医療人としての信頼される身だしなみができる
    (2)相手の立場に立ち、相手を思いやる心で行動できる
    (3)専門職業人として向上心があり、自己研鑽ができる
    (4)組織人として責任と自覚を持ち、誇りを持って行動できる
  2. 2.知識・技術
    (1)安全に医療・看護を提供するための最新の専門的知識・技術を習得している
    (2)人間の尊厳や心の痛みを理解できる
    (3)社会の変化に応じた情報・知識を習得している
    (4)人間関係を築くために必要なコミュニケーション技術を向上することができる

看護部教育の概要

各フロア研修|院内研修|北海道ブロック研修|IMS本部研修|院外研修
各フロア研修
日々の業務で学ぶOJTや勉強会など各フロアにて行う研修
院内教育
院内看護部教育委員会が主催し行う新人研修や技術研修、看護研究外部講師を招いて行う研修
ブロック教育
IMSグループ北海道ブロックで企画、実施する研修
本部看護部教育
IMS本部看護部が主催となり新人育成、専門性強化、管理者育成などを行う研修
院外教育
看護協会・各種学会にて認定看護師などの資格取得、学会発表、各種講習会参加など

キャリアラダーシステム

※ホットタイム=ほっと一息ついて悩みや不安を仲間や先輩と話す場

入職後1年間は、配属部署にて先輩看護師がマンツーマンで指導につく『プリセプターシップ制度』を導入しています。知識・技術面の指導だけではなく、不安や悩みなど精神面の相談も受けながら職場への適応を支援します。また、チームメンバーも一丸となり、新人看護師の皆様を支援していきます。

平成29年度現任研修内容

●院内教育
・医療安全
・院内感染
・褥瘡
・フィジカルアセスメント
・フィジカルアセスメント10年目以上対象
・フィジカルアセスメント5年目以上対象
・認知症
・リーダーシップ
・BLS
・理念・倫理
・災害時・パワハラ
・医療機器
●部署教育
・ADL
・認知症
・症例から見る疾患
・肝臓疾患
・FIM
・内視鏡      ※他部署の参加は自由
●中途採用者フォローアップ体制
毎月1回中途採用者対象の、研修(医療安全・院内感染・倫理)を実施しています。
各部署で業務に慣れるまでは、プリセプターが付きますので、安心です!