部署紹介

回復期リハビリテーション病棟は、主に脳血管疾患や整形疾患、その他の急性期治療を終えた患者様に対し、集中的にリハビリテーションを行う病棟です。病棟スタッフ、リハビリスタッフ、MSWなどがひとつのチームとなり連携し患者様はもちろんご家族様も安心した在宅生活が送れるよう援助をしています。
起き上がりや歩行などの基本的動作、食事や排泄動作などの日常生活動作の向上を目的としたリハビリテーションを行い、「できるだけ早期に」「その人らしい生き方に合わせた」 在宅復帰を目指しています。

老化により心身の機能低下や様々な疾患や障害により日常生活に支障をきたし、看護や介護を必要とされている方がいます。院内には、外科・内科・リハビリテーション科の専門医が在籍し、その人らしい生活が送れるよう、看護師・介護士・リハビリスタッフをはじめ医療ソーシャルワーカー・薬剤師などコメディカルが一体となり、その人の持てる能力を最大限に活用できるように日々援助しています。

1.環境適応への援助
安心・快適な療養ができるよう、看護スタッフの密な連携と情報共有を看護に活かす
2.健康障害に関わる管理と指導
健康回復のための適切な治療への介助・ケアの提供
3.ADL(日常生活動作)自立への援助
ADL維持・増進の為のリハビリスタッフとの継続的な関わり
4.疾病に合わせた看護提供
個々の患者情報を収集し、アセスメント・看護問題の明確化(看護診断)実践、評価の一連のプロセスで、患者様に適した計画的で継続したケアの提供
5.終末期患者様及びご家族様への配慮を含めた看護の提供
6.在宅生活適応への援助
患者様、ご家族様と円滑なコミュニケーションを図り、在宅に向けた援助を行う

当院の診療科目は、内科・消化器内科・循環器内科・整形外科・リハビリテーション科です。高血圧・糖尿病・高脂血症などの生活習慣病の診療をはじめ、内視鏡検査や各種健診、専門外来として肝臓外来も行っています。内視鏡室では上部・下部内視鏡検査や治療の介助に携わり、患者様が安全な治療や検査が受けられるように、丁寧で優しい対応を心掛けています。地域の皆様に愛され、具合が悪くなった際はすぐに受診してもらえるような外来づくりを目指しています。